家庭教師ヴォックス不登校サイト

不登校の子に対する家庭教師のヴォックス指導方法
学校の授業に復帰できるように

たとえば、中3(2学期)の時期のお子さんが(中2の1学期~)不登校の場合
『中2の1学期から教えて!』と言われる事が多いのですが、
今の勉強(中3の2学期)を教えながら、関連付けて中2の抜けている部分を指導した方が効率が良いので、そのように教えています。

家庭教師ヴォックスでは、勉強面のサポートに合わせ授業復帰のキッカケ作りにも力を入れています。

不登校の生徒さんも、キッカケがあれば驚くほど伸びていきますし授業の復帰後もスムーズにいきます。

一度無料体験を、ぜひきっかけにしてください。

⇒お問い合わせは0120-974-700

思いやりのある指導
不登校の子は、感受性が強かったり、優しい子が多いです。

特に(逃避期)(苦悶期)は、どうしても言葉のひとつひとつを深く考えて、時にはマイナスな意味にとってしまう傾向がありますので、気をつけて接するようにしています。

家庭教師ヴォックスの先生は、『お子さんの気持ちになって親身に指導できる人柄』である事を自負していますが、その中でも、不登校のお子さんを担当する家庭教師は、思いやりがあって、不登校になっている子の気持ちになって接する事のできるメンバーを慎重に選抜しています。

もちろん、経験豊富なヴォックスのスタッフが、担当家庭教師にしっかりとしたアドバイスをし、家庭教師と、ご家庭の方の相談に乗りながらサポートていますので、ご安心ください。

一言で不登校と言ってもさまざまなケースがあります。
私たち家庭教師ヴォックスでは、生徒の歩幅に合わせて共に歩んでいきたいと考えています。

一度我々の無料体験を、きっかけにしてください。

⇒お問い合わせは0120-974-700

いじめや人間関係で不登校になった場合

こういった場合は、生徒に勉強を教える前に心のケアをすることが大切です。
家庭教師ヴォックスでは、生徒が相談しやすい環境を作ることからはじめます。

準備ができていない生徒を無理やり学校に行かせても逆効果です。
何事もタイミングが大切です。あせらずに歩調を合わせていきましょう。

勉強は「その気」にさえなれば、いくらでも伸びます。
その為の準備のお手伝いを第一にいたします。

ヴォックスでは具体的にどのような準備をしていくのか?
などをきめ細かい所まで相談しています。
まずは、ご相談ください。

⇒お問い合わせは0120-974-700

抜けてる部分は戻る
上にも書いてあるように、 今の勉強(中3の2学期)を教えながら、関連付けて中2の抜けている部分を指導した方が効率が良いので、関連のある単元を戻りながら指導しています。
わからないところまで戻って、「できる!」まで根気良く教えています。
不登校には、いろいろな問題があると思いますが、身近な家族にほど本音が打ち明けにくい場合も多い問題のようです。

家族以外の第3者のいう事の方が素直に聞けることも多いようですので、
視野を広げて考える意味でも、ご相談いただければと思います。

ヴォックスでは、独自のノウハウを基に指導をいたしますが、やはり一番生徒のことに詳しい保護者様の意見を大切に考えます。
体験指導では、そういった意見などを聞かせてもらうことで、生徒に合わせた指導方法を模索していきます。

さぼり癖が抜けずにだらだらと不登校になってしまった。

ここ最近の相談でこれが一番多い相談になってます。
・ゲームなどの夜更かしが原因で朝起きれなくなり学校を休みだした。
・とにかく遊びに夢中で学校に行きたくない。
・昼も夜もパソコンで部屋から出てこなくなった。

いろんなケースがありますが、ご家庭で解決をするのは、
なかなか難しいことです。

ヴォックスでは、時には叱ることも大切だと考えます。
ただ叱るのではなく、まだまだ挽回ができるから叱るんだ!と言う
強い意志を持って生徒に接する事が第一です。

あきらめるのは、一番簡単でいつでもできることです。
生徒自身もこのままではいけないことは分かっています。

まずは、ご相談ください。

⇒お問い合わせは0120-974-700

長期休暇はチャンス
夏休みなどの長期休暇は、学校の授業が進まないので、抜けてしまっている箇所を取り戻すのには絶好のチャンスです!
担当家庭教師と、しっかりと計画を立てて、効率よく取り戻します!

私たちがいないときの勉強方法
家庭教師が一緒に居れる時間と、一緒に居れない時間。どうしても居てあげない時間の方が多いです。 勉強をしなくちゃ、とわかっていても、やり方がわからなくては、とてもつらいですよね。

ヴォックスでは『学校の授業を取り戻す為』の勉強のやり方を教えて、ペース作りをしていきます。

尚、ご家庭のご要望があれば、スタッフが家庭訪問を行っています。

ここに書かれていない内容でも、ご家庭のご要望に合わせて、担当の家庭教師はもちろん、ヴォックスのスタッフも一丸となって、お子さんを支えていきたいと思います。

            無料の体験学習のご希望はこちら

じつは『不登校』とひとことで言っても、きっかけはささいなことだったり、いじめのような深刻な問題のこともあります。
実際の原因も「本人」だけでなく「学校生活」や「家庭」の事情だったり、いろいろな要因が考えられます。

そして同じ不登校でも、お子さんの状態によって4つの時期に分けられると言われています。

※個人差があるので、当てはまらない場合もあります。

(1)逃避期(落ち込んでいく時期)
元気がなくなり、身体の不調を訴える子が多いようです。
(朝になるとお腹が痛くなるなど)

(2)苦悶期(動けなくなる)
生活のリズムが乱れてきます。閉じこもったり、無気力になっていきます。

(3)休息期(自分と向き合い、力をたくわえる)
生活習慣が改善され、家族との関係がよくなります。
これまで外出がおっくうだった子は外出への抵抗がなくなっていきます。
その他、生活全般について前向きな変化がみられます。

(4)回復期(気持ちや心が積極的に外に向く)
表情が明るくなり、外出や行動に積極的になります。
学校や友達の話を自分からするようになります。

一般的には休息期を過ぎた頃が学習開始の目安だといわれています。
それは、子ども自身の中で再登校や進学への精神的な準備ができてくるからです。
家庭教師ヴォックスでは、「この時期」から教えるという明確なラインは定めていません。

ただ、勉強の遅れが大きくなるほど、お子さんやご家庭の不安や心配も膨らんでくると思いますので、
ご家庭の方やお子さんが、「今、勉強が必要かも」と思われた時点で、遠慮なくご相談ください。

お子さんへの接し方

先程言ったように、お子さんの状態は様々な訳ですから
例えば
『勉強もそうだけど、家族以外の人とずっと会話もしてないから、会話でコミュニケーションをさせたい。』
と言われた時には、話し相手になる事から始めてますし、
いつか『学校に行きたい!』と言いだした時に、学校の授業についていけなかったら、また行き辛くなるだろうから、ついていけるように、勉強を教えてほしい。という方には、いつ学校の授業に復活しても困らないように指導しています。

中には、『たくさん休んだしもう手遅れだ。』と思い、落ち込んでる子もいますが、それは思い込みで、遅すぎる事なんて、絶対にないんです。やってみようかな?と思えた時が、一番いいタイミング!ただ、やろうと思ってもやり方が分からずに悩んでる子も多いので、勉強のやり方から教えるので、ご安心ください!

その子の始める段階は、それぞれ違いますが、 最終的には、お子さんが自信を取り戻して行けるように、お手伝いをしたい!というのが、私たち家庭教師ヴォックスの望みです。

  • トップページ
  • 指導料は
  • ヴォックスとは
  • 先生の紹介
  • 感激 みんなの生の声
  • よくある質問
  • 指導方法は
  • 指導開始までの流れ